ベランダガーデニング


日当たり好きの草花たちは、ベランダに出して育てましょう。

室内インテリアのコンテナも、時にはベランダにだして日光浴をさせるとよいでしょう。

 

ベランダは、朝→昼→夕と太陽が動くことにより、日の当たる場所が変わってきます。

一日を通してどのくらい光を与えたいかを考えて配置しましょう。

とくに真夏は注意が必要です。

温度が高すぎたり西日を浴びすぎることがあるので、

朝のみ日の当たる場所を探すなどの対策が必要です。

複数の植物を育てている場合は、鉢の大きさに注意して配置することも大切です。

 

できれば、風通しも考えると植物も育ちがよくなります。

ベランダはコンクリートなので熱を保ちやすく高温になってしまいます。

真夏のアスファルトは暑いですよね。。それと同じ状態です。

さらに四方を壁に囲まれているベランダでは、風通しが悪く蒸した状態になりがちです。

これでは、植物たちもまいってしまうので、せめて風通しを考えて配置してあげましょう。

 

対策としては、

 高い場所に配置する。

 壁の隙間に配置する。

 風が吹くところに配置する。

といったところでしょうか。

 

いろいろと注意点を書きましたが、

ベランダガーデニングは、最も手軽なガーデニングだと思っています。

どの家庭にもベランダはついていて、気軽でいつでも観賞することができる。

日光も燦々とふりそそぎ、植物もすくすくと育つ。

これがベランダガーデニングです。

 

さあ、ベランダガーデニングで新たな生活にチャレンジしてみましょう!

 

[PR]CD研磨機 DVD研磨機