ガーデニングの基礎知識

個人的にはガーデニングを始めるにあたって堅苦しい知識は必要ありません。

なぜなら、知識よりも心が一番大切だと思うからです。

「植物を育てたい」という意思と生長を楽しめる愛情があれば誰でも育てれます。

 

いつか植物が枯れたり虫がついたりして慌てる日がくるでしょう。

その時に初めて知識をつけるのが自然な流れだと思います。

「救いたい!」そんな気持ちが今後の植物のためになります。

 

「何より愛情を持って育てれること」

それがどんな知識より大切になることは間違いないでしょう。

 

 

とはいうものの、最低限の知識だけは蓄えておきたいものです。

「土、日、水」は、ガーデニングで最も大切なもの。

3つのうち1つでも誤ると植物は枯れてしまいます。

お洒落な道具や健康な苗を選ぶことも重要ですが、どう育てるか?ここが一番大切です。

 

あと気をつけるところは、病気や害虫。

植物も生き物です。風邪を引きますし害虫に食べられることもあります。

予防をするのが一番なのですが、必ずいつかは魔の手にかかってしまいます。

人間もどんなに気をつけていても風邪はひくものです。それと同じですね。

予防よりも重要なのは、その対策です。

素早く適切な対応ができれば、植物は復活しますし、そうでなければ枯れてしまいます。

見つけたら素早く適切な対応をしてあげてください。

 

最後になりましたが、

私が育てているヘデラは、先日ハダニに侵食され枯れる寸前でした。

しかし、しぶとく葉水を行うことで撃退に成功し、今はぐんぐん育っています。

毎日ヘデラを眺めていたからこそ、早期発見できたと思っています。

やっぱり愛情が一番大切だと感じました。

 

[PR]CD研磨機 DVD研磨機