ハーブ図鑑


料理やティーなど観賞用以外としても用途が広いハーブ。

香りも爽やかで部屋に置くだけで、生活臭も消してくれます。

風貌もかわいいのでできるだけお洒落に育てたいものです。

 

ハーブ 種類

バジル

科目:シソ科

特徴:

 1,2年草。

 イタリア料理に欠かせないハーブ。

 日当たりのよい場所を好み、風通しのよいところでよく育つ。

 トマトと共生させると共によく育つ。

見た目:

 丸く角のない葉が特徴的。

 背も低く15cm程度までしか伸びない。

 葉は割と大きく、料理などに利用しやすい。

一口コメント:

 人気のハーブのひとつです。

 イタリア料理などで必ず出てくるため、認知度もかなり高いです。

 見た目もかわいくクセのない感じなので、誰にでも好感を抱かれます。

 利用価値も高いので、ぜひ育ててみたいハーブですね。

 

 

ペパーミント

科目:シソ科

特徴:

 多年草。

 全草からメントールの香りを発する。

 とにかく生命力が強く、日当たりや土質を好まず育つ。

 他の植物を圧倒して育つため、共存はしないようがよい。

見た目:

 部屋で育てている限りはそんなに大きくはならない。

 背は20cm程度で小さな深い緑色の葉をたくさんつける。

 茎はまっすぐ上に向かって生長するので、外見はスッキリした感じになる。

一口コメント:

 初心者にもってこいのハーブといえます。

 生命力が強くちょっとやそっとでは枯れません。

 香りは強く部屋においておくとメントールの香りが広がります。

 

 

ラベンダー

科目:シソ科

特徴:

 常緑小低木。

 品種が多くそれぞれ外観も多少異なる。

 日当たりがよく水はけのよい土で育てるとよい。

見た目:

 ひょろっと長い茎の先端に小さな紫色の花を咲かせている。

 葉は細長く、色は緑色をしている。

 花は小さな蕾がたくさんついている感じでとてもかわいらしい。

一口コメント:

 「香りの女王」と呼ばれているほど、素晴らしい香りを発してくれます。

 色も鮮やかなので、生活用品にも利用されています。

 ハーブで一番人気があるといっても過言ではないでしょう。

 

 

ワイルドストロベリー

科目:バラ科

特徴:

 多年草。

 赤い果実はサラダの彩りや、ジャム、リキュールなどに利用できる。

 日当たりがよく、肥沃で水はけのよい土を好む。

 根は土の近くを這うように伸びる。

見た目:

 小さな赤い実を無数に実らせる。形はイチゴ。

 葉はギザギザのついたおも長い感じで緑色をしている。

 茎は地を這うように伸びるのでうっそうとしているように見える。

一口コメント:

 赤い実をつけることで世界中で人気の種です。

 実からは甘い香りがしますが、味はフルーティーな甘さはありません。

 ですが、ビタミンCを多く含んでいるので健康によいそうです。

 育てるのに多少の手間は必要ですが、実がなったときの感動はなにものにも変えられません。

 

 

[PR]CD研磨機 DVD研磨機